住信SBIネット銀行のおまとめローンが審査になってるって?

1枚あれば何かと便利に使える住信SBIネット銀行カードローン。

このカードが欲しければ、審査をパスする事が絶対条件です。

色々なローンと見比べてみると、比較的通りやすい。

という特徴がありますが「確実に」という事ではありません。

審査に通るにはそれなりの条件があります。

その内で1番重要なのは収入面に関してです。

安定した収入が無いのか?あるのか?という問題はお金を貸す側にとっては、一番大切な基準ですので第一条件と思っておいても良いかもしれません。

しかし、収入があればアルバイトの人でも申し込みが出来ます。

1枚あれば急な出費の時でも大丈夫!なのが銀行カードローンです。

こちらは審査時間も30分程度で終わり、保証人・担保もいらないので普通の物よりも通りやすいのが特徴です。

しかしながら、申込者全員が確実に合格する訳ではなく過去の借入に遅延や延滞携帯電話・クレジットカードの支払滞りなどがあった場合金融機関の情報公開で解ってしまうので審査が通る。

という事は難しくなります。

ですから、なんでも支払をしなければいけない物は日ごろからきちんとする事が大切ですね。

主婦の方は収入がないので、物を我慢するしかない。

そんな風潮、ありますよね。

が、専業主婦の方でも借入できるのがカードローンです。

これがあれば、自分のお小遣いを借入する事ができますし旅行だって可能ですので、大勢の方に喜ばれています。

夫にバレないか?心配される方もいらっしゃるでしょう。

が、こちらのローンは旦那さんには何も連絡がいきません。

内緒で借りられるので安心です。

ですが、返済日に遅れたりなどはしないでください。

これをしてしまうとすぐにバレてしまう可能性があるので、気を付けましょう。

銀行カードローンは、あると何かと便利に使える物です。

インターネットから24時間申し込みを受けていますし保証人・担保も不要という所がほとんどですので急な時に安心できるローンです。

審査基準は様々ですがほぼ共通して言える事は毎月安定した収入があるかないか。

という所です。

そうなると、正社員じゃないといけないの?と思われると思いますが安定さえしていればアルバイトやパートの方でも申し込みを受け付けてくれるところが多いです。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンを利用することで毎月の返済額を減らしたり引き落とし日を1日にできるメリットがあります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますので返済総額はおまとめローンを組む前よりも大きくなることを忘れないで下さい。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることで既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようでおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得とは言い切れないのです。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは利用者に有利なことが第一条件で借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンをやっている金融機関の多くはホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

引用:住信SBIネット銀行おまとめローン審査!【一本化評判口コミ】

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融と比べて住信SBIネット銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので住信SBIネット銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査がありこれらの項目に問題が無ければ審査落ちすることは考えにくいです。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので返済の延滞歴がある人は審査通過は困難です。

住信SBIネット銀行にはおまとめローン専用のサービスはありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

数社から借り入れているローンを1本化できるおまとめローンを利用すると借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済額がキツくなったという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率さえ問題が無ければ、カードローンを利用していても不利になるとは限らないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

おまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を見直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

1社でも完済できれば借入件数は減らすことができますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。