看護師の離職率高い?求人も多いから転職先見つけやすい?

時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。
しかしながら、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。
挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。
そして、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、その上に、医療現場という緊張感もまた並大抵ではなく、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。
そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、良くない点を打ち消せる程に大きな満足感も得られる仕事なのです。
看護師という職業は、大変だと心底思えるほどの仕事です。
夜の勤務も交代で務めなくてはいけませんし、経営状況が悪い病院では、少ない人員で仕事をするしかないこともあります。
過労によって鬱になる方もたくさんいて、辞めてしまう割合もかなり高いのです。
「白衣の天使」と称されますが、本当に天使でもなければ耐えられない激務です。
どのような業種でも、業界の中でしかわからない言葉があります。
仕事をスムーズに進めるためとかの訳でその職にしか使えない言葉が使われているでしょう。
看護士でも同じようにその職独特の言葉が使われているのです。
例を挙げると、心マは心臓マッサージ、乳癌はマンマ、泊り込み治療はアドミッションなど、多くのその仕事でしか通じない言葉を使って会話しています。
看護師の存在は、医療機関にとっては無くてはならない大切な人材です。
ですが、看護師の処遇は特に良いとはいえません。
看護師は夜間に仕事をするケースがあったり、反対に、休みが多くないといった過酷な労働環境が多いにもかかわらず、給料などの待遇がそれほど良いとはいえません。
看護婦の離職率が、他の職業よりも高いのも、言わずもがなのことなのかもしれません。

看護師求人じっくり選ぶなら?【失敗しない転職先探しのコツ解説】