豪ドルmmf非課税?

外貨MMFの取引のうち、非課税なのは、売却した時の利益であるキャピタルゲインです。
利息にあたる分配金には、約20%が課税され、これは銀行預金と変わりません。
ですので、外貨MMFの大きな魅力のうちのひとつは、非課税であるキャピタルゲインにといえるでしょう。
長期的な円安局面にある今、確定申告のときに損益通算のできない外貨MMFでも、損をしない可能性が高いのであれば、こういう時期に、外貨MMFを始めるのは良いと思います。
だいたいでいいので、運用期間を決めて置いて、そこに見込めるキャピタルゲインと、為替手数料や管理報酬手数料などを比べて、有利なようなら購入の検討をしてみましょう。
税制が変わって課税されるという話もあるので、早いうちからの運用がおすすめです。
豪ドルMMF手数料安い証券会社